ヘアカラープラス
ヘアカラーをしても色落ちが心配ですよね。でも、入念にお手入れをすれば、十分色持ちさせることができるのです。
Show MenuHide Menu

ヘアカラーの色落ち、どうすれば良い?

ヘアカラーをすると心配なのが「色落ち」です。

ホームカラーで自分の好きな色に染めたのに、

あっという間に退色してしまったという経験はありませんか?

美容院で染めた方が色持ちは良いと言われるものの、

結局はカラーしたての状態をずっと維持することはできません。

お気に入りの色にすればするほど、日が経つにつれて起こる退色や変色は残念ですよね。

とくに赤系ヘアカラーは落ちやすいし、黄系ヘアカラーは金髪のようになってしまいます。

ヘアカラーは永久染毛剤であるため、

通常1~3か月はカラーを持続させることができます。

ヘアマニュキアやヘアカラートリートメントと違って、

髪の内部に薬剤が浸透し、しっかりと染めることができるのがヘアカラーのメリット。

しかし、実際には染めてから1か月も経たないうちに色が変わってしまったという人も多いのではないでしょうか?

ホームカラーは安いけど手間がかかるし、美容院でのヘアカラーはキレイに染まるけど高額…

ヘアカラーをやり直すにしても億劫になってしまいますよね。

でも、ヘアカラーは染めた後のお手入れによっては十分色持ちさせることができるのです。

最近のカラー剤はトリートメント成分を豊富に含んでおり、

昔のカラー剤よりも髪に与えるダメージがかなり軽減されていますが、

それでも頻繁なヘアカラーはダメージヘアの原因に…。

やっぱり女性はツヤ髪でなければ美しく見せることはできません。

だからこそ、色持ちを良くさせるためのお手入れを入念にしなければいけないのです。

今回は、ヘアカラーの色持ちを良くするためのお手入れ方法についてお伝えしていきます!

ヘアカラーについて l 髪のせんせい